VIOLINIST TORU YASUNAGA,ヴァイオリニスト安永徹
1951年福岡に生まれる。
1964年より江藤俊哉氏に師事。桐朋学園高等学校音楽科を経て、同大学音楽学部入学。
在学中の71年に第40回日本音楽コンクールで第一位受賞。
74年に同大学卒業。75年にヨーロツパに渡リベルリン芸術大学に入学、ミシェル・シュヴァルベ氏に師事。
77年、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団に第一ヴァイオリン奏者として入団、83年より2009年まで同楽団の第一コンサート・マスターを務める。
83年~99年までベルリンフィル弦楽ゾリステンのリーダーとして、96年~2001年までベルリンフィル・カンマーゾリステンの第一ヴァイオリン奏者、又、ソリスト、室内楽奏者としてヨーロッパや日本その他各地で多くの演奏を行なっている。
市野あゆみとの共演によるシューマン、R.シュトラウス、フランク、ベートーヴェンのソナタ(ポニーキャニオン)、 「ベスト・ライヴ・コンサート」「ベルリン・フィル カンマーゾリステン ライヴ・イン・ベルリン&東京」(ライヴノーツ)、「木もれ日の径・ソナタと小品集」(ALM)、又、オーケストラ・アンサンブル金沢とのライヴ録音(ワーナー・クラシックス)等、多数リリースされている。
2006年より洗足学園音楽大学・大学院客員教授。
artsplan公演情報等はここをクリックして表示されるアーツ・プランのウェブサイトでご覧ください。